スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ぶちたんちのさばの炊き込みご飯
sabatakikomi001.jpg

お友達のぶちねこちゃんに教えてもらったレシピです。
簡単なのにンマーイ(´ρ`)

難易度:★☆☆☆☆
手間度:★★★☆☆
ありあわせ度:★★☆☆☆
応用度:★★★☆☆
調理時間:40分
【材料としたごしらえ:3合ぶん】

さばの切り身:1切れ

しょうが:適量(千切り)

しょうゆ:大さじ1

酒:大さじ1

みりん:大さじ1

米:3合

白ごま:適量

長ねぎ:1/2本(薄い輪切り。太い場合は半分に縦に切ってから半月状に輪切り)
(生の長ねぎの辛みが気になる人は、あさつきや万能ねぎの輪切りがおすすめです)

※上にのせるものは、季節によっては木の芽などを飾るだけっていうのも風情があって
いいかもしれません。ちなみに木の芽は片手に置いて、もう一方の手で(木の芽を触らない
ようにたまごをつかむように空間をもたせて)パン!とたたいてから使います。
空気でたたくかんじでOKです。




【作り方】

おともだちのぶちたんから以前教えてもらって自分でも作ってみたものを、今回許可取って
掲載させていただけることになりましたー☆
簡単なのにすっごく美味しくてお気に入りのレシピです!
味つけは少ししげる流にアレンジしてあります。ぶちたんありがとー!
冷めたらおにぎりにしても贅沢で美味しい!
面倒な印象があり苦手な人も多い魚料理ですが、このさばの切り身は何も加工しないで
あの半冷凍でゴロンと売ってるようなのを買ってきてそのまま使うだけなのでとても簡単です。
(少し血がついてたりとかで気になる部分があるときはちょちょっと洗ってから使えばOKです)


1.
きざみねぎは水にさらしておきます。あさつきなどを使う場合はそのままでOKです。

2.
お米をとぎ、水気を切ってからおかまに材料をいれます。
さばの切り身はそのまま入れ、しょうがの千切りを加え調味料を入れてからお水を3合の線まで入れて炊きます。
しげるは固めが好みなので3合の線より若干少なめ(0.5ミリくらいw)にしました。

3.
たきあがったら、さばの小骨があれば取れるだけ取り、身をほぐし、白ごまを加えてざっくりと全体に混ぜます。

4.
お茶碗に盛り、さらしておいたねぎの水気をしっかり切ったものをどっさりふりかけてできあがり。

※骨抜きがちょっと面倒ですが、あとはほんとにぶちこむだけなので簡単!

スポンサーサイト
【2004/05/10 12:33】 | ごはんもの | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<ねぎ塩肉巻き | ホーム | サラダうどん>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bistroshigeru.blog31.fc2.com/tb.php/72-d82bd1f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。