FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ねばふわうどん
nebafuwa001.jpg

ヘルシーな材料が中心なのに、食べてびっくりの満腹度。
美味しくて健康的で、知らないうちにおなかいっぱいになってしまうので、ダイエット中の方も苦もなく続けられおすすめです。

難易度:★☆☆☆☆
手間度:★☆☆☆☆
ありあわせ度:★★☆☆☆
応用度:★★★☆☆
調理時間:15分

【材料としたごしらえ:2人前】


納豆(金のつぶがおすすめ):2パック(タレ・からし含む)

細めのうどん:2玉

大根:1/2本(おろしておく)

なめたけ:1びん(お好みの量でよいです)

卵:1個

あさつき:4~6本(小口切り)

ぽん酢(昆布ぽん酢おすすめ):大さじ3
(なければしょうゆを大さじ2)

うまみ調味料(味の素):適量

※大根が結構辛かったりするので、それが苦手な人はぽん酢またはしょうゆを入れるところを
めんつゆにしてみると甘くなっていいかもしれません。

【別バージョン】
後日別に作ったバージョンです。こちらのほうがおいしかったかも。
上記の材料を「なめたけ→なめこ」にかえて、あとはオクラときざみ海苔を用意して下さい。
オクラの量はだいたい一人2本くらい。小口切りにしておきます。
こちらのバージョンで作る場合は、作る前に作り方の5を見ておいてね。





【作り方】

ねばねば・ふわふわ、不思議な食感。
ヘルシーな材料が中心なのに、ふわふわ分のおかげでものすごくおなかいっぱいになれる、ダイエット中の方にもおすすめなメニューです。
とっても美味しいのでダイエットも苦にならないのが嬉しい。
醤油のかわりにポン酢をきかせてもひと味ちがっておいしそうです。
今回はちょっと間違えてだいこんおろしを納豆より先に乗せてしまいましたが、見た目的にはうどん→納豆→だいこんおろし→なめたけ→あさつき、がおすすめです。


1.
うどんをゆでます。ゆで時間は袋の指示に従い、ゆであがったらすばやくざるにあげ冷水で洗って冷まします。
その間にだいこんをおろしておきます。水気が沢山出てきてしまったら、なるべく身のある部分のみ掬い取るように使って下さい。


2.
nebafuwa002.jpg

ボウルに納豆をタレ・からしごと入れてふわふわになるまでよくかき混ぜます。


3.
nebafuwa003.jpg

2のボウルに卵・しょうゆorポン酢・うまみ調味料を入れて混ぜます。


4.
nebafuwa004.jpg

このくらいふわふわに泡立ったら納豆ソースは出来あがり。

  

 
5.
nebafuwa005.jpg

nebafuwa006.jpg

nebafuwa007.jpg

nebafuwa008.jpg

nebafuwa009.jpg

器に(ぐちゃぐちゃにかきまぜて食べるのが美味しいので、深めの器がよいです)、よく水気を切ったうどん→だいこんおろし→納豆ソース→なめたけ→あさつき、とトッピングして出来あがり。
だいこんおろしは納豆のあとのほうが見栄えが良いですが、どうせぐちゃぐちゃに混ぜるしいいや~って方はお好きな順番でどうぞw


6.
nebafuwa010.jpg

後日もう一回作ったときのバージョンもご紹介。
3のところで小口切りにしたオクラとなめこを入れてみました。
なめこを使う場合はなめたけはなくても良いかも。
この日はもっとねばねば兄弟を集合させてみようーと思ったのでオクラとなめこにしました。
なめこは少な目のダシで軽くゆでてぬめりごといれます。
最後にあさつきをふったあとにきざみのりをのせて出来上がり。

ご感想は感想フォーム(レシピに掲載されます)か、コメントへどうぞ☆
スポンサーサイト
【2004/09/27 21:49】 | 麺類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<簡単!本格鯛茶漬け | ホーム | しゃけずし>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bistroshigeru.blog31.fc2.com/tb.php/48-c98eee29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。