FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
イタリアンハンバーグ
itarianhanba-gu001.jpg

たっぷりのチーズが最高!!
弾力のあるジューシーなハンバーグに、チーズ、本格的な手作りトマトソースが三位一体となってなんとも云えない美味しさです。

難易度:★★☆☆☆
手間度:★★☆☆☆
ありあわせ度:★★★☆☆
応用度:★★★☆☆
調理時間:1時間

【材料としたごしらえ:2人前】


牛豚合い挽き肉:150g~200g

食パン:1枚(耳全部と、白い部分は半分くらい。残りは食ってください(=´∇`=))

卵:1個

オリーブオイル:適量

ピザチーズ:適量

塩コショウ:適量

牛乳:大さじ2

たまねぎ:1個(みじん切り)

にんじん:1個(みじん切り)

ブラウンマッシュルーム:3個(みじん切り)

にんにく:1かけ(みじん切り)

ナツメグ:小さじ3

うまみ調味料:適量

水:適量


【ソース】

400gトマト缶(ホール):1/2缶(200g)

オリーブオイル:少々

ブラウンマッシュルーム:3個(スライス)

にんにく:1かけ(スライス)

タイム:2~3本

オレガノ:適量

ローリエ:1枚

塩コショウ:適量

パセリ:ひとつまみ(生のみじん切りもしくは乾燥したみじん切り)

うまみ調味料:適量

あらびき黒コショウ:少々






【作り方】

チーズたっぷりのハンバーグをイタリアンな手作りソースでいただきます。
贅沢なソースととろけたチーズの相性がたまらない美味しさです。
ソースは事前に作って別に置いておくので、その時点で冷凍保存すれば他の料理にも!



1.
フライパンにオリーブオイルをしき、にんにくを炒めて香りを出し、たまねぎ、にんじん、マッシュルームのみじん切りを入れて中火で炒めます。
水気が出るほど炒めすぎないように。玉ねぎが透き通りはじめた頃が目安です。

2.
1で作ったものから1/3程度だけ残し、残りはボウルに入れてさまします。
ここからフライパンに残した分を利用してソースを作っていきます。


3.
itarianhanba-gu002.jpg

1の入ったフライパンに少しオリーブオイルを足し、ソースの材料の方のにんにくを炒め香りが出てきたらマッシュルームを足してざっと炒めます。


4.
itarianhanba-gu003.jpg

ある程度いたまったらトマトを入れます。
ホールなので個数は2~3個程度。
トマトの塊はヘラでこまかくつぶしながら炒めます。
トマトの汁も少し入れます。


5.
itarianhanba-gu004.jpg

塩こしょうとうまみ調味料で味を整え、タイム、オレガノ、ローリエ、パセリを入れて弱火にしてフタをし、水気がなくなるまでしばらく煮ます。
最後にあらびき黒コショウをして味を見て、薄いようなら塩コショウやケチャップなどで好みに味付けて下さい。

6.
2でボウルにさましておいた1に、ひきにく、たまご、牛乳、ちぎったパンを入れ、ナツメグと塩コショウ、うまみ調味料をふってこねます。
白っぽい脂肪の糸がではじめるまででOKです。

7.
6を人数分に等分して手のひらで大きな卵型に成形します。
それを両手を使って、片方の手に叩きつけるようにして空気を抜きます。これを繰り返し。
小判型に成形し直し、まんなかに少しくぼみをつけます。

8.
フライパンにオリーブオイルしき弱火にして、7を静かにすべりこませ、裏に焼き色がつくまで焼いていきます。

9.
焼き色がついたらひっくり返して、ハンバーグが浸るくらいまでお水を入れてフタをして強火で蒸し焼きにします。


10.
itarianhanba-gu005.jpg

水気がだいぶなくなってきたら(ハンバーグの底から1cmくらいのところまで減ったら)ハンバーグの上にピザチーズをたっぷりまんべんなく乗せて(こぼしてフライパンにつかないように注意して乗せる)フタをし、チーズが溶けるまでそのまま蒸し焼きにします。

11.
チーズが溶けてプクプクしてきたらハンバーグをお皿に盛っておき、フライパンの残り汁に5で作ったトマトソースを入れ、強火で水気がなくなるまで煮ます。

12.
トマトソースが出来たらハンバーグの上にたっぷりかけて出来上がり。
タイムの茎やローリエは取り除いてね。

※同じようなソースで、ハンバーグの上ではなく中にそらまめ大のモッツアレラチーズのかたまりを包み込むのもやってみましたが、こちらも美味しかったので是非バリエーションとしてそういったものにもどんどんアレンジしてお楽しみくださいね!

ご感想は感想フォーム(レシピに掲載されます)か、コメントへどうぞ☆
スポンサーサイト
【2004/08/27 20:39】 | おかず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<やわらかイタリアンチキンステーキ | ホーム | 焼きそばでジャージャー麺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bistroshigeru.blog31.fc2.com/tb.php/43-152f0617
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。