FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
手羽先肉じゃが
tebaniku001.jpg

うえやまとち先生の名作「クッキングパパ」に載っていたお気に入りのレシピを、少しだけアレンジしたものです。
豪華なのに簡単で、調理時間も短時間で出来ちゃうのが魅力。

難易度:★★☆☆☆
手間度:★★☆☆☆
ありあわせ度:★★★☆☆
応用度:★★★☆☆
調理時間:45分

【材料としたごしらえ】


鳥手羽先:10~15本程度

じゃがいも:3個(乱切り)

にんじん:1本(乱切り)

たまねぎ:半分(薄切り)

長ねぎ:1/2本(ななめに輪切り)

コーラ:350ml

塩コショウ:適量

しょうゆ:適量

みりん:適量

料理酒:適量

サラダ油:適量

ごま油:適量

※味付けがめんどうな人はコーラだけでもOK!
ただちょっと薄目なのでそのぶん塩コショウはきつめに。





【作り方】

もう、手羽先をおはしで触っただけでポロってとろけるようにほぐれ落ちちゃうほどに、圧力鍋なみの柔らかさに煮込んであるのですが、これが実は普通のお鍋でもたったの30分くらいでできちゃうのます!
最大のポイントはコーラの炭酸。短時間でやわらかくなるヒミツです。
これ、おしょうゆとお酒とみりんとかで一応味付けはするし、お肉も塩コショウきつめにしてあるけど、基本的にはコーラだけでもできちゃう料理なのです。
煮込む前に、味がちょっと好みより薄いようなら他の調味料で整えるというかんじです。
コーラは350mlを全部使うので、めんどくさいさじ加減も覚えなくて良いし。簡単ですよー!

1.
tebaniku002.jpg

手羽先の両面によく塩コショウし、フライパンにサラダ油をひき中火で焼きます。
火がまわってきはじめたらお酒を少し入れて強火にしてアルコールを飛ばします。
再び中火にし、途中でひっくり返しながら両面をきれいな焦げ目がつく程度まで焼きます。
tebaniku003.jpg

焦げ目がついたらお皿によけておきます。
(写真のように、完全に中まで火が通っていなくてもOKです)

2.
tebaniku004.jpg

tebaniku005.jpg

tebaniku006.jpg

tebaniku007.jpg

お鍋にごま油をひき、ながねぎとたまねぎを炒め、しんなりしてきたら手羽先と他の野菜を入れてじゃがいもの側面が透き通る程度まで炒めます。


3.
tebaniku008.jpg

tebaniku009.jpg

2にコーラを全て入れます。
tebaniku010.jpg

強火で煮て沸騰させ灰汁を取ります。
灰汁がなくなったら弱火にし、しょうゆ・酒・みりん・塩コショウを、味をみながら加えます。
tebaniku011.jpg

好みの味になったらそのまま弱火で30分ほどふたをして煮込めば出来上がり。


ご感想は感想フォーム(レシピに掲載されます)か、コメントへどうぞ☆
スポンサーサイト
【2004/06/10 03:56】 | おかず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<豚ハンバーグ甘酢あんソース | ホーム | ニセからか麺>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bistroshigeru.blog31.fc2.com/tb.php/15-303a7b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。