スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
究極餃子【おすすめ】
1004201001.jpg
餃子がいちばんの大好物なので、今まで色々と試行錯誤してきたのですが・・・
究極にうまい配分がついに決まったー!!
ので、今までの餃子レシピとは別にしておきます。

ていうかしれっと書き始めちゃったけど、ほぼ2年ぶりの更新です\(^0^)/たっはー

忘れてたわけじゃないんだけど、自分メモがわりのレシピ集として既にある程度の数もあるし、急いで更新しなきゃいけないようなものでもなかったのでついついあとまわしにしていたら、写真だけは撮りまくっていたのでどんどん加工がめんどくさく・・・
そうこうしているうちにレシピの分量とか思い出せなく・・・
という悪循環に陥ってしまいましたw

でも、日々のごはん記事にちらっと載せて「あとでレシピ書きます」的なこと書いちゃってたお料理について、期待しててくださった方などもいらっしゃったりして・・・ありがたいやら申し訳ないやら;;

他にも、ここ1年ずっとハマっててしょっちゅうつくってるあじのなめろう丼なんかは是非書き留めておきたい!
いつになるかはわかりませんが、まだまだたくさんご紹介したいレシピはありますし、うpしたい気持ちはありますので・・・!!


ではでは久しぶりのレシピいきますー!



難易度:★★★☆☆
手間度:★★★☆☆
ありあわせ度:★★★★☆
応用度:★★★★☆
調理時間:1時間


【材料としたごしらえ:40~50個分くらい】

フライパンはテフロンで。
あんは無理して皮におさまるようにしなくてよいので、もし余ってしまったら中華スープをお鍋に沸かしてスプーンで落としておだんごスープにしてください(=´∇`=)
うちではまず20枚入りの皮を1パック分だけ包み、残りのあんはタッパに保存して冷やしておき、40個を2日に分けて焼きます。餃子大好きなので二日連続ぜんぜんおk\(^0^)/
余ったら2日目はスープつきです☆



<あん>

豚挽肉:450g
しいたけ:2~3枚(みじん切り)
白ねぎ:2本(みじん切り)
にら:1束(みじん切り)
白菜:1/4カットのさらに半分の葉の方(みじん切り)
白菜丸ごと浅漬け:1/4カット分程度(みじん切り)
大葉:5枚(みじん切り)

※今までのお気に入り餃子では白菜とキャベツを半々で入れたものが好きで今もそれは変わらないのですが、たまたまキャベツがめちゃくちゃ高かった時期だったので、代わりに白菜のおつけものと生の白菜で半々にしてみたら神がかった味に!
というわけでキャベツが安ければ入れてもいいかなあと思うけど、その場合でも絶対おつけものは入れてほしいです。
おつけものは、うちではでっかい白菜そのまんまを縦に四等分したような浅漬けが袋に入ってぷかぷか浮いてるようなの(こんなかんじの)を使ってますが、なければお総菜として売ってるようなものでもよいとおもいまーす。



<味付け用のたれ>

みそ:大さじ2
水:大さじ2
砂糖:大さじ1と1/2
がらスープの素:小さじ1
うまみ調味料(味の素):少々
ごま油:少々
おろしにんにく:チューブで4~5cm程度
おろししょうが:チューブで4~5cm程度

※本当はかたくりこ大さじ1程度とごま油少々をいつもは入れてるのですが・・・これもたまたま切らしていただけなので真偽の程はわかりませんが、出来るだけ忠実なレシピにするためナシにしています。



<その他の材料>

塩:少々
熱湯:とりあえずやかん半分ぐらいわかしておく
サラダ油:適量
餃子の皮(大判):20~25枚入り2パック

※ここでもゆるめの(水分多めの)水溶き片栗粉を用意して、フライパンの水気がなくなったあと、サラダ油を入れる前の工程でまわしいれるのですが、なかったのでナシとします。お好みで。






【作り方】

実は今まで作ってきた餃子よりも、いろいろと省かれていて調理は楽です。
おつけもののおかげでこくうまです(=´∇`=)
もちろん、噛めば中からおつゆがじゅわー!!!!です(´ρ`)
最高うまいです。


1.
にら・白菜をみじん切りにし、それぞれ少し塩もみしてしばらく置き、水気をしっかりしぼる

2.
長ねぎ・しいたけ・大葉・白菜の浅漬けをみじん切りにする

3.
ボウルにひき肉をいれ1と2の材料を入れ、<味付け用のたれ>の材料を予め綺麗に溶けるまで混ぜておいたものを入れてこねる。

4.
餃子のかわにあんをつつみ、上半分のふちに水をつけてヒダをつくりながら閉じる。
(あんをのせるとき左端によせるようにのせてヒダで閉じていき、最後は少し余ったら
お肉をしぼり取るようなかんじで閉じ終えるようにするときれいにできます)




【焼き方】

0.
あらかじめお湯を沸かしておく

1.
フライパンにサラダ油をしき、中火で熱し、ヒダを上にして餃子をきれいにならべます。

2.
まずは強めの弱火でうすいきつね色くらいの焦げ目をつけます。少し裏をひっくり返して様子を見て、きれいな焦げ目がついてたらOK!
※今までの作り方だとこの工程は中火でやっていたのですが、今回は少し強めの弱火程度にしてちょっとじっくりめに焼きました。

3.
中火にして数秒おき、熱がまわってきたら熱湯を餃子の底が1cm浸るくらいまで上から注ぎます。いい音たてます。即フタをします。

4.
そのまま中火でふたをして蒸し焼きにします。

5.
水気がなくなってきたら必ず「チリチリ」というわかりやすい音に変わるので、それが聞こえたら水気がなくなるのをチェックしながら待ちます。
※水溶き片栗をまわす場合はここで入れる。

6.
水気が完全になくなったらサラダ油大さじ1をまわしかけて強火にし、30秒くらい焼きます。

7.
お皿に移すときに裏返して、できあがり。ポン酢で食べます。
ラー油はこれまたたまたま切らしてたので入れなかったですが充分美味しかったのでそのへんはおこのみでー!


ご感想は感想フォーム(レシピに掲載されます)か、コメントへどうぞ☆
スポンサーサイト

テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

【2010/04/20 07:23】 | おかず | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<当ブログについて | ホーム | また鶏のお酢煮>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://bistroshigeru.blog31.fc2.com/tb.php/129-ec9d0ef3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。